中央プロパティー

中央プロパティーは、共有名義不動産に関して強みを持つ専門家チームを擁する不動産仲介業者です。

大手センチュリー21の加盟店の中でもオンリーワンである共有名義専門の仲介業者で、経験豊富な「共有持分アドバイザー」「宅地建物取引士」をはじめとした専門家チームが不動産仲介・相談対応という形でトラブルを解決します。

また「不動産鑑定士」による適正な価格査定も魅力の一つ。仲介専門ならではの売主側に立ったサポートも含めて、安心して共有持分を売却できる業者といえるでしょう。

共有持分売買の仲介エキスパート

国内900店舗以上、80ヶ国合わせて8,000店舗以上という世界最大級のネットワークを持つセンチュリー21。その加盟店である中央プロパティーは、創業時から海外の投資家に向けた投資用不動産販売を軸に実績と信頼を積み上げてきました。

また、当時ほとんど投資用物件として流通されていなかった共有持分を利回り物件として提案し、新たな収益物件として確立させてきた歴史を持ちます。

中央プロパティー最大の強みが、国内・海外問わず多くの投資家から「共有持分の専門仲介会社」としてオンリーワンだと認められている点。そのため、自社独自の広大なネットワークを構築することができています。

特に中国や台湾、シンガポールなどアジアには強い繋がりがあるほか、アメリカ・南米・ヨーロッパにまでネットワークが広がっているのには驚きですね。

■自社買取なし「仲介」にこだわり!
中央プロパティーでは、他の買取業者と違って自社での直接買取を一切していません。いちばんの理由は、自社買取を目的にしてしまうと「少しでも安く買い取る」が会社の方針になってしまい、売主の利益に反するため。

中央プロパティーは仲介という立場から、売主に最適な条件で共有持分が売却されるためのサポートを提供してくれます。常に私たちと近い位置から専門的なアドバイスや提案が得られるため、安心して不動産売却成立まで進むことができるでしょう。

また、一般的な仲介会社と違う点として、売却成立時に売主側の仲介手数料がかからないといったことが挙げられます。

■共有状態を解消する7つの提案
中央プロパティーでは、正確な調査報告書をもとに共有状態に対してさまざまな解消法を提案しています。

【全部売却】共有者全員に売却の同意を提案します。
【一部売却】完全仲介で売主の共有持分だけを売却します。
【共有持分移転】売主の持分を他の共有者へ売却します。
【共有持分買取】他の共有者が持つ権利を買い取って、単独の所有者になります。
【共有持分放棄】自分の持分を放棄して、所有権移転登記をおこないます。
【土地の分筆】共有している土地を、1つから2つに分けます。
【共有持分割請求訴訟】共有状態の解消を裁判所の判決に委ねます。

専門『仲介』会社ならではのメリット

物件・土地の評価や権利の調整が困難な共有持分を、安全かつできるだけ高額で売却する方法は、専門の仲介業者へ依頼することです。国内でも少数しかない共有持分専門の仲介業者である中央プロパティーには、独自のシステムやサービスなどメリットが多くあります。

■専門家による無料売却査定
共有持分の売却査定時には、国家資格と多くの実績を持つ不動産鑑定士が各方面から第三者目線で調査し正確な査定結果を提示してくれます。

10ページ以上の調査報告書という形で提供されるため、調査価格や対象不動産のデータなどを詳しく知ることができるでしょう。ちなみに、この無料査定は売却を前提に面談をした方限定なので注意してくださいね。

■業界唯一のポスティングシステム
中央プロパティーでは、海外も含めた投資家ネットワークを活用して業界でも唯一といわれるポスティングシステム(入札方式)での売却を実現しています。入札方式のため、必ず希望通りの金額で売れる保証はありませんが、そのぶん競争による高額売却も期待できるでしょう。

このポスティングシステムは共有持分の売却を希望する売主と、利回りの高い投資先として共有名義物件を購入したい買主をスピーディにマッチングさせることが可能です。基本的な流れとしては、以下のように進んでいきます。

① 売主が中央プロパティーに共有持分の売却を依頼
② 不動産鑑定士が物件の調査報告書を作成
③ ポスティングシステムに物件情報を登録
④ 投資家ネットワークに物件情報を限定配信
⑤ 高いセキュリティにより閉鎖された環境下で、投資家が入札を開始
⑥ 購入者決定
⑦ 売主と購入者を中央プロパティーが仲介し契約成立
※契約は弁護士が立ち会い、司法書士が決済

売主に寄り添ったサポート対応が魅力

共有持分の売却を検討している方は、相続や夫婦間のトラブルなどを抱えているケースが非常に多いようです。

中央プロパティーではそんな方たちの悩みを解決するために、今まで2,000件以上を解決してきた専門家チームが問題解決を手厚くサポート。共有持分の相談を受けた後、共有関係をどう解消していくのか売主の考えをヒアリングした上で、それぞれの専門家が協議して実態に即した提案をしてくれます。

例えば「相続問題を抱えているが、兄弟間で仲が悪く話し合いができない」という相談に対して、兄弟の仲を取り持つような手助けをすることも可能です。トラブルから早く抜け出したいという、売主の思いに寄り添った対応が期待できるでしょう。

■経験豊富な専門家チーム
中央プロパティー唯一の専門家チームには「共有持分アドバイザー」「宅地見物取引士」「不動産鑑定士」「弁護士」「司法書士」「税理士・公認会計士」「相続コーディネーター」が在籍しています。

『センチュリー21中央プロパティー』まとめ

ここまでセンチュリー21の加盟不動産仲介業者、中央プロパティーについて紹介してきました。全国でも珍しい共有持分専門の仲介業者であり、他社にはない売主目線のサポート体制が非常に魅力的な業者です。

また、トラブルが多く対応が難しい共有持分の分野において、経験豊富な専門家を揃えているという安心感も大きな強みといえるでしょう。

中央プロパティーでは、在籍する専門家への無料相談が可能となっています。年中無休のフリーダイヤルまたはWebサイトのメールフォームから申し込むことができますので、共有名義不動産に関してお悩みの方はぜひ相談してみてはいかがでしょうか。