兄弟で相続した実家を売却したい!同意がなくても売却することができるってホント?

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/13

相続ではお金だけではなく不動産を受け継ぐこともあります。この場合、ひとりで相続した場合は自由に売却することができますが、ひとりではなく兄弟で相続する場合もあります。その場合は、共同で相続している兄弟の合意が得られないと、売却するのが難しくなります。ここからは、同意がなくても売却する場合の手続きについて書いていきます。

自分の持ち分だけを売却できるのか

相続の際は、預金や現金だけではなく家や土地などの不動産を相続することもあります。そして、この場合も、兄弟がいる場合は不動産についても遺産分割協議を行い、共有財産として登記をすることも少なくありません。

このような場合は共有名義となります。個人の名義の場合は、売却したくなったらすぐに手続きを進めていくことができますが、共有財産として登記をしている場合は、他の兄弟の同意がないと売却することはできません。相続した不動産を他の相続人に内緒で売却することはトラブルにつながりますので、避けたいところです。

とはいえ、不動産を必要としていない、できれば現金化して自由に使いたいと考えている人もあるのではないでしょうか。共有名義になっている不動産を内緒で売却することは避けたいところですが、不動産全体ではなく自分の持ち分だけを売却することは可能です。共有持分売却であれば、他の共有者の同意を得ることなく単独で手続きを進めていくことができます。

ですが、やはり売却するなら他の共有者に声をかけておいたほうが良いのかどうかも気になるところです。知らせておくかどうかは個人の自由になりますが、基本的に共有持分売却の場合は他の共有者に知らせる必要もありません。

不動産全体の権利ではないものの、自分の持分については本人が完全に処分権がありますので、他の共有者に売却の意思がなくても単独で売却可能です。

実際の売却の前に注意事項を知っておこう

共有持分売却をすれば、自分の持分は単独で売却でき、現金化することができます。とはいえ、やはりこうした売却にも注意点がありますので、実際の手続きの前にはしっかりと確認しておきましょう。

まず共有名義の不動産の場合は、持分を購入した人もすべてを自由に使えるわけではありません。それゆえ、不便な点も多くありますので買い手がつきにくい傾向にあります。

買い手がついて売却する場合も相場よりもかなり安くなる可能性があります。なので、不動産の相場を知っていないと損をする可能性がありますので、近隣の不動産の売買価格は調べておきたいところです。それから、自分の持分を売却した場合もすぐに他の共有者に知られるわけではありませんが、将来何等かの形で知られる可能性があることも理解しておきましょう。

共有者とのトラブルを避けて相続した不動産を売却する方法としては、共有者全員で話し合いをして同意のうえで全体を売却するという方法もあります。この他では、土地の場合は分筆することもできます。これは土地を分けて単独で所有するという方法です。兄弟それぞれが所有権を持つことになりますので、自分の持つ土地は自由に売買できるようになります。

このほかで、兄弟間のトラブルを避けて持分を現金化する方法としては、共有持分を他の兄弟に譲り、その分を現金で支払ってもらうという方法もあります。

専門の業者に依頼することも考える

共有持分売却では、買い手にもメリットが少ないこともあり良い買い手を見つけるのは難しい傾向がありますが、それでも早く手放したいと考える人もあるのではないでしょうか。個人間の売買は難しいものがありますが、より早く持分を手放したいという場合は、共有持分売却に対応した専門の業者に売却することも考えてみましょう。

不動産業者に依頼することを考えている人もあるかもしれませんが、共有持分売却は通常の不動産取引とはまた違いますので、できるだけ共有持分売却に詳しく多くの実績を持つ業者を選ぶようにしましょう。専門の業者に依頼すれば、自分の持分を短期間で売却できることが期待できます。

共有持分の売却によって他の兄弟との関係が悪くなることを避けたいという場合は、他の兄弟が納得できる形での売却の相談にも応じてくれます。最近は共有持分売却に対応した業者も増えていますが、安心して依頼するためには信頼性の高い業者を選ぶことが大事です。

業者の信頼性の高さや実績はよく調べておきましょう。そしてサービス内容についても、買取のみに対応した業者もありますし、仲介を専門にしている業者もありますので、こちらもしっかりと確認しておきたいところです。

 

不動産を兄弟で共有で相続した場合も、自分の持分は他の兄弟に知らせることなく自由に売買可能です。専門の業者に依頼すればよりスムーズですが、共有持分売却でトラブルを避けるためにも、少しでも良い価格をつけてもらえるように業者選びは慎重に行いましょう。

おすすめ関連記事