共有持分売却の依頼から入金までの流れとは?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/17

不動産の共有持分を処分したくても、他の共有者の同意が得られないため物件全体を売却できない場合があります。素早く現金化したいのであれば、物件全体を売却するのではなく共有持分売却を考えるとよいでしょう。共有不動産は特殊な事情があるため買い手を探すのが困難ですが、専門業者に相談すれば持分を高値で買い取ってもらうことができます。

共有持分売却は専門業者に依頼しましょう

共有名義の不動産は権利者全員の同意がなければ売却することができません。持分を所有しているものの、利用しないため売却して現金化したいと考えるケースが多く見られますが、実際に手続きについて調べてみると、不動産全体の売却には他の共有者全員の同意が必要であることを知る人もいます。なお相続などで不動産の持分を取得することがありますが、共有持分売却であれば他の権利者の同意がなくても単独で行なえます

共有持分とは権利者が不動産に対して持つ所有権の割合を意味しており、自己の持分のみであれば自由に売却できますが、持分を取得したとしても、不動産全体を自由に利用できるわけではありません。リフォームをする場合にも他の権利者全員の同意が必要になりますし、物件全体を賃貸する場合には持分の過半数の同意が必要です。そのため共有不動産には費用負担や用途を巡って他の権利者とトラブルになりやすいという特徴があります。

また共有持分の売買では持分を担保として銀行から融資を受けることができないため、自己資金を用意しなければなりません。 理論的に共有持分を売却することは可能ですが、現実には自分で買い手を見つけるのは困難です。そのため事実上は他の共有者の同意がなければ持分の処分ができないとされています。

しかし共有不動産を専門的に扱う業者に依頼すれば、高値で買い取ってもらうことも可能です。

専門業者には共有不動産を扱うノウハウがあります

共有不動産は扱いが難しいため、持分のみを売却したいと思っても買い手を探すのが困難です。理論的には自分の持分のみを処分することが可能ですが、事実上は他の共有者全員の同意を得て物件全体を売却しなければならないとされています。

しかし不動産会社にはそれぞれ得意分野があり、共有不動産を専門的に扱っているものも存在します。共有不動産を活用するノウハウを持つ専門業者に依頼すれば、持分のみでも高値で買い取ってもらうことが可能です。

専門業者に共有持分売却を依頼すれば素早く現金化できるだけでなく、面倒な手続きを全て任せることができます。 共有者全員が協議を行い、物件全体を売却することや特定の共有者に持分を買い取ってもらうことには時間がかかります。素早く持分を処分したいのであれば、専門業者に共有持分売却を依頼するのがおすすめです。

共有持分の売却価格は通常の相場と比較すると、2割から5割ほど安くなるとされています。それは持分だけでは不動産全体を自由に利用できないからです。不動産会社は持分を取得すると共有状態を解消するための相談や交渉を進めるのが通常です。なぜなら交渉が上手く進まないと不動産会社に不利益が発生する可能性があるからです。

通常の不動産を買い取る場合と比較してリスクが大きいため査定価格が低くなってしまいます。なるべく高値で持分を買い取ってもらうためには、共有不動産を活用するノウハウを持つ専門業者を選ぶことが大切です。

共有持分売却を依頼してから入金されるまでの流れについて

専門業者に共有持分売却を依頼してから入金されるまでの流れは、基本的に通常の不動産と同様です。まず共有持分の買い取りを行っている専門業者を探します。不動産の買い取りを行っている業者の中でも、持分のみの買い取りを行っているものは少数派ですので、事前に電話やメールなどで持分のみの買い取りが可能かどうかを確認しましょう。

そして信頼できる不動産会社を見つけたら査定を依頼しますが、可能であれば複数の不動産会社に査定を依頼して、結果を比較検討するとよいでしょう。不動産会社は査定が終わると結果を連絡してくれるので、実際に売却するかどうかを判断します。提示された金額に納得できない場合は断っても大丈夫です。

最もよい条件を提示した不動産会社と売買契約書を締結することになり、契約書に記載された期日に入金が行われます。専門業者に共有持分売却を依頼すれば、入金されるまで手厚いサポートが受けられるので安心です。

他の共有者が登記済証や登記識別情報を持っている場合でも、司法書士が本人確認をすれば売却が可能になります。 不動産が共有状態になるのは相続が原因であるケースが多く見られます。共有者のほとんどが親族であることが多いので、後にトラブルになるのを防ぐためにも共有持分売却をする前に連絡しておくとよいでしょう。

不動産会社を選ぶ際にも信頼性を十分確認することが大切で、他の利用者による評判や過去の実績、査定依頼の際に担当者の対応などを確認するようにしてください。

 

共有不動産は全体を売却するのに共有者全員の同意が必要になります。同意がなくても共有持分売却を単独で行うことは可能です。信頼できる専門業者に共有持分売却を依頼することになります。

依頼から入金までの流れは通常の不動産を売却する場合と基本的に同様です。信頼できる不動産会社を探して査定を依頼し、最もよい条件を提示した業者と売買契約を締結します。売却代金は契約書に記載された期日に入金されます。

おすすめ関連記事