まさか自分が共有者!?所有不動産の調べ方とは?

不動産は単独所有が望ましいとされています。第三者に売却するときに、最小限の売買当事者で済ませることができ、さらに権利状態も単独所有なら熟知しているからです。しかし単独所有だと思っていたのに実は共有不動産だったということは ・・・[続きを読む]

相続不動産の保存が大変なら共有持分売却をしよう

相続不動産で悩みが多いのが、共有持分の保存が重荷であるという点です。たとえ不動産を持っていても、他の相続人と共有していると、自由に使用できません。そこで有効なのが共有持分売却です。相続不動産を共有財産ととらえている場合、 ・・・[続きを読む]

共有持分売却前にリフォームを検討すべきか

住宅の共有持分売却を検討する方はさまざまな手続きや書類を集める必要性があり、普通の不動産よりも面倒に感じる点はあるでしょう。それでもすべてを売却することは可能で、問題をクリアさえしておけば普通の不動産物件同様に扱えます。 ・・・[続きを読む]

二世帯住宅による親子の共有持分売却の方法

親子で二世帯住宅を建築する方は増加しています。子ども世帯から見れば建築資金援助などを期待でき、親世帯からすれば老後の生活も安心できるなど、双方にメリットがあるためでしょう。そのため、親子で同居して生活するスタイルに注目が ・・・[続きを読む]